実体験をもとにした美容法、ファッション、コスメ、ライフスタイルをつづっています。最近では韓国コスメ、韓国の女の子と美容についての情報も更新中。

キッチン・ブルー

ライフスタイル 美容

手荒れを防ぐための洗い物手袋をおすすめしない理由。

更新日:

Sponsered Link




 

 

前回、きれいな手になるケア方法を記載しましたが、主婦の方への家事手荒れ方法を書くことができなかったため 今回はそこに重点を置いて記述していきたいと思います。

 

*注意*(前回の記事を踏まえた上で読み進めていくことを推奨します!)

 

家事をしているから手をきれいに保つのは不可能』と壁を作ってしまうのは間違っている と前回もお話したように、工夫次第で家事を完璧にしていても、手を荒らさずにきれいな肌をキープすることが可能

 

とにかく直接、水が触れるのを避けるべし!

 

というのは 前回の記事でもう十分にお分かりいただけたと思います。

なのでそれさえクリアすれば、冬場の寒いなか洗い物をお湯で行ったとしても、手荒れを防ぐことが出来ます!

<Sponsered Link>


それでは具体的に、洗い物の際に水と洗剤を触れなくするにはどのような方法があるでしょうか。

単純に考えて

手袋を使う

というのが大体の対策法となってきますが、

一概に手袋といっても 専用の手袋や極薄手袋など、候補にはいくつか挙げられますよね。

 

しかし、ここでの手袋とはゴム手袋ビニール手袋のことを指します。

このなかでも人によってはアレルギーや洗い物用のゴム手袋は苦手だという方もいらっしゃると思うので、筆者はゴム手袋よりも大容量の使い捨てビニール手袋を最もおすすめしたいのです。

それにはもちろん理由がありまして・・・

 

洗い物用ゴム手袋のメリット

 

以前、使い捨てだと勿体無いからとの理由から筆者は市販の分厚い洗い物用ゴム手袋を使用していたことがありました。

このようなイメージですね。

 

しかし後にこれが私にとっての大事件を招き、それから使い捨ての物しか使わなくなったというのが筆者が専用の洗い物用ゴム手袋を使わない理由になってきます(笑)

 

と、その前に、専用の洗い物手袋にも大容量手袋にはない確かなメリットがありましたので、私の悲劇話の前に少しだけそのメリットを簡単に紹介していきますね。

・分厚くて丈夫だから繰り返し使える

・腕まで長さがあるモノが多いので、水はねや泡はねなんかにも便利。中に水が入ってこないから良い。

・何より、一つ購入しておけば長いこと使えるので節約になる!

・直接水や洗剤に触れなくてもいいため、手が荒れない。

 

とにかく、使い捨て手袋にはないメリットが、専用の洗い物手袋には備わっているのがわかります。

 

さてここから、逆にこれがデメリットとなってしまった筆者の悲劇話をお話していきたいと思いますが(どうかお付き合い下さいね)

 

洗い物用ゴム手袋の悲劇

 

使い捨てのビニール手袋だと、中に水が入ってきたりで何かと神経を使いますが、

その場合は上から同じサイズのゴム手袋を重ねて強化するなどの工夫を用いれば解決可能。

そして、その手に触れた一枚目のビニール手袋さえ毎日換えれば衛生上問題なく、上に重ねたゴム手袋は何日か使用できるので経済的にもエコ的にも優しい結果となります。

 

そうです。

繰り返しができる、専用の洗物ゴム手袋のデメリットとなる、気をつけてほしい点というのは一番に衛生的面でのこと。

 

あれは水や洗剤から手を守ってはくれますが、直接触れる手にとっては不衛生極まりない環境を提供していることを同時に意味します。

というのも、使い捨ての物とは違ってある程度何度も繰り返し使うことになりますよね。

それを売りにしているのが専用の注目ポイントですが 繰り返し使うことによってその利点は恐ろしいぐらいに全てデメリットへ代わるものとなるのです。

 

まず、使い捨てのものと違って大分分厚く、強度があります。

しかしこれは逆に中の蒸れや湿度を強くしてしまうということにもつながります。

 

そしてそれを繰り返し使う と、

腕まである長く深い手袋の中はきちんと乾くことがなく、

常に細菌の宝庫となるわけです。

 

デビル
想像するだけで不潔ッ

 

これが私の事件の原因で、見たこともない帯状疱疹を生み出すことになってしまいます。


最初は本当に小さな吹き出物で、あまり気にしていなかったのですが

それが日に日に広がっていき、最後には腕の辺りまで上がってきしかも両腕という、日常生活や精神状態にまで害をなしてきました

 

乾燥が原因かと思い、いくつかの一般療法を試したり、とにかく強い保湿をしたりと、様々なケアを自力でためしましたが、

本当にとんでもないぐらい悪化し、このままでは跡にありかねないと思い、市販の塗り薬と飲み薬を施すことに。(筆者は重度な病院嫌い;;)

 

そしたら見る見るうちによくなっていき、やはりは市販のものでも侮れないなと痛感しました。

その時 色々調べたのですが 慢性的な主婦湿疹で病院へ通っても治らないと悩んでいる方がかなりいて、私が病院へ行った場合も 主婦湿疹と診断されかねないなと判断し、行くのをやめることに。

私はたまたま市販の薬で治りましたが本来自己判断は良くないため 同じような症状が出た方は速やかに病院へ行くことをおすすめします。)

 

病院へ行ってもたぶんステロイドなどの薬を出され、それでも治ったと思いますが

今こうして色々な原因を考えた際、絶対あれが原因だったと判断することができたのである意味病院へ行かなくて良かったなと考えました。

(ゴムアレルギーも考えたのですが その後市販のゴム手袋を使用してもなんともなかったので 消去法で 専用のゴム手袋が原因だと分かることに至りました。)

 

ですので、水場作業による手荒れを予防する場合には必ず衛生面にはズボラにならないよう気をつけて、そして何より水や洗剤から手を守ることに注意を払っ毎回洗い物や水辺の掃除の際には何かしら手袋を使用するようにして下さい。

 

そうして万が一中に水や洗剤が入ってしまった場合には洗い物の後にしっかり水で手を洗い、清潔にしてからハンドクリームなどでケアするように致しましょう。

 

混入した残りの洗剤から湿疹が起こったら見も蓋もないですからね!

そして使い捨てを使用する際にはケチらずに、きちんと毎回交換することを守りましょう!

 

あと、綺麗な手になるためへの基本はこまめなケア。これは必ず必須事項となることを忘れずに。(何度も言いますが前回の記事をまだ読んでいない方は必見。手荒れしないケア方法の基本を記載しています!)

綺麗な手の人が心がけている2つの習慣!

    きれいで美しく、すべすべな手 憧れますよね。 逆に 乾燥していてアカギレなどの、傷の多い手は自分でも見ていても良い気分にはなりません。。 主婦の方達のなかには、毎日家事をし ...

続きを見る

 

主婦の方でもきれいな手で、手荒れという悩みからは解放され、自信を持って生活していくことを応援しています!

 

≪合わせて読みたい!≫

ひきこもり主婦支援!ひきこもりによるメリットとデメリット。家事が楽しくなる考え方&改善策をまとめてみました!!

  ◇引きこもり主婦とは?   職場や幼少期で受けた人間関係によるトラウマが原因で、人間関係をシャットダウンした主婦たちの名称。 また、子育てによるまだ小さな子供への世話により 必 ...

続きを見る

朝のフルーツがシミの原因に!気をつけたい日焼けと果物の関係性。美肌には〇〇が効果的!

    突然ですがみなさんは、フルーツを食べる時間帯って気にしたことはありますか?   美肌予防やシミ対策としてのフルーツのビタミンは 肌にはかなり効果的。 日頃から意識 ...

続きを見る

 

参考までに。

Sponsered Link




Sponsered Link




Sponsered Link

<よく一緒に読まれる記事・Sponsered Link>


-ライフスタイル, 美容

Copyright© キッチン・ブルー , 2019 All Rights Reserved.