実体験をもとにした美容法、ファッション、コスメ、ライフスタイルをつづっています。最近では韓国コスメ、韓国の女の子と美容についての情報も更新中。

キッチン・ブルー

ライフスタイル 美容

綺麗な手の人が心がけている2つの習慣!

更新日:

Sponsered Link




 

 

きれいで美しく、すべすべな手 憧れますよね

逆に 乾燥していてアカギレなどの、傷の多い手は自分でも見ていても良い気分にはなりません。。

主婦の方達のなかには、毎日家事をしていたらきれいな手になんてなれるわけがない、とそもそも諦めている方がたくさんいらっしゃるように思います。

 

しかし、それは勝手な思い込み。

 

家事をフルで頑張っていたとしても、これから話すたった2つの習慣さえ気をつけていれば、誰だってもちもちでさらさらな手になることは可能なのです。

 

現に私も、毎日家事や水辺の掃除など一見手の荒れそうなことばかりをしていますが、昔から友人らにに褒められるほどさらさらできれいな手をキープしています。(自慢なのは許して)

 

最初は私も手が荒れるから、と家事をすることに嫌悪感を持っていました。

ですが

結局はするかしないか家事をしているからなどは理由にならないことが分かり、工夫次第でいくらでも対処法はあるのだな と考えを改めました。

なので今回は、日頃家事を頑張っている主婦のみなさんにも出来るような、きれいな手になるたった2つの習慣をご紹介していきたいと思います!

 

<Sponsered Link>



手荒れの原因

 

まず手荒れの原因は様々ですが、大半が水や洗剤を使用した際の乾燥が主な原因を占めていることを頭に入れておきましょう。

 

水に触れた手はそのままにしておくと途端に乾燥が加速。

この原理は例えるなら、フライパンに水を入れると蒸発するのと同じ原理で

何も付けてない肌に水が触れると 肌に含んでいた水分さえも一緒に蒸発してしまい、結果乾燥しすぎて肌が荒れてしまうという単純明快な法則。

 

つまり、対策方法としての極論を言いますと

水に直接手が触れる回数を極限までに少なくすれば、乾燥を防ぐことができ、手が荒れることもなくなる。

 

そもそも水に触れなければいい。そういうことですね。

 

だけれども、生活していくなかでそんなことが可能なのか。

 

デビル
可能です!!

 

水が手に触れる状況下には(例:洗い物、風呂掃除など)ビニール手袋やゴム手袋を着用して、そもそも水を直接手に触れることを最低限に留めればいいんですね。

ゴム手袋に関しては、荒れた経験があることから筆者は反対派なので、ここではビニール手袋を推奨します。)

 

 

そして、上記では、肌に水が触れると水分が飛んでいくと言いました。

逆に言えば、それは膜を張るなどの蓋をする行為をすれば防ぐことが可能になる、とも言えることとなります。

<Sponsered Link>



例えるなら 油。

 

油は、フライパンに水を入れると蒸発しますが、カレーのルウなどの油分を多く含んだ物質を入れると膜ができ、たちまち蒸発しにくくなるのは料理をする方ならば簡単に想像できると思います。

それと全く同じで、

蒸発するのならその前に蓋をすればいい。

 

ただそれだけ!

 

方法はハンドクリームでも乳液でも。

とにかく水が手に触れた後には すぐに保湿する。

 

これをこまめに行う癖を付けていれば 絶対に乾燥で肌が荒れることはなくなります。

 

私は家中の水を使う場所の至るところ乳液やハンドクリーム置いていて、手に水が触れた後には必ず、保湿するように中学生の頃から心がけていました。

学校や外出時にはかばんの中にハンドクリームはかかさず、特に冬場になると 薬用のそれが無ければ気持ち悪くて一日中意識してしまったり(笑)

 

冒頭でも言及したように、ケアさえ怠らなければ誰でも乾燥しらずな肌になることは可能なのです。

 

ですが あまりにもそのケアを行っていなく、手荒れを嘆いている方多すぎる。

 

ケアすること自体をめんどくさい、と怠っているようじゃ、手荒れが治ることは一向にありませんよ!

 

主婦のみなさんへ向けての手荒れ対策ですが、ケア方法についてを思ったよりも長く書きすぎてしまったので 次の記事にて、その2を紹介したいと思います!

追記:

手荒れを防ぐための洗い物手袋をおすすめしない理由。

    前回、きれいな手になるケア方法を記載しましたが、主婦の方への家事手荒れ方法を書くことができなかったため 今回はそこに重点を置いて記述していきたいと思います。   ...

続きを見る

 

 

 

参考までに。

Sponsered Link




Sponsered Link




Sponsered Link

<よく一緒に読まれる記事・Sponsered Link>


-ライフスタイル, 美容

Copyright© キッチン・ブルー , 2019 All Rights Reserved.